• トップ /
  • 妊娠中のつわりの改善方法

妊娠中のつわりは大切です

妊娠中、妊婦さんが一番悩む症状につわりがあります。しかし、つわりは赤ちゃんが元気にいる証拠でもあります。妊娠を継続するにあたって大切なホルモンが分泌されることによって、つわりの症状が出ます。つわりと言っても、吐きづわりと食べづわりがあり、その症状も人それぞれです。空腹時に気持ち悪くなる人もいれば、お腹がいっぱいになって気持ち悪くなる人もいます。吐きづわりを改善するには、一度にいっぱい食べないことが重要になります。つわりの症状がある間は1日5食にして分割食にしたら良いです。5食と言っても、5食ともしっかりした食事を摂るのではなく、3食だった時の副菜や主食を朝食と昼食の間や昼食と夕食の間に少し分けて食べる方法です。そうすると、一度にいっぱい食べることもなく、また、食事自体も1日で必要な栄養を摂ることができます。食べづわりを改善するには、食べたいときに食べるようにしたら良いです。そのかわり、お菓子とかではなく小さいおにぎりにしたらよいです。また、手の親指の付け根には合谷というツボがあり、そのツボを押すと気持ち悪さが改善すると言われています。妊娠中はマイナートラブルも多いですが、赤ちゃんの名づけなど楽しいことで気を紛らわせて楽しいマタニティーライフを送れると良いです。

妊娠の凄い情報

↑PAGE TOP