• トップ /
  • 妊娠したときのつわりに効くのは

妊娠中の酷いつわり対策なら

待望の妊娠が分かった時にはその兆候として吐き気や嘔吐などのつわりの症状が現れる人も多くいます。また、さらにひどい状態になる悪阻では通常の生活を送ることが困難になってしまうこともあります。しかし、気持ち悪さが続いたとしても日常生活を送っていき、仕事などにも行かなければならないこともあります。そういった場合には症状を少しでも緩和させて、感じさせないような工夫をする必要があります。そこで、各種の対策グッズを検討してみるのも一つの方法になります。いろいろな商品が出回っているので、それを知っておくとつらい嘔吐や吐き気を和らげることができます。一般的によく言われるのが、妊娠中には空腹時につわりの症状が出ることが多いため、そういった場合にはキャンディをなめたり、ガムをかんだりするというのも効果があります。レモンキャンディやサワーキャンディ、生姜キャンディ、ミントキャンディやガムなどがいいといえます。また、つわり対策グッズとしては吐き気を軽減させるつぼを刺激するリストバンドもあります。シーバンドやサイバンドとして出回っています。こちらも普段さりげなく腕に着けることで、効果を発揮します。さらに妊娠中のつわりを和らげるグッズとして専用のCDもあります。聞くことで、多くの妊婦の吐き気や嘔吐などを緩和させることができるということで、ひそかに人気があります。

妊娠の凄い情報

↑PAGE TOP